beautiful  ambition
ビューティフル・アンビション

 beautiful ambition

顔というのは小さなパーツの集合体です。

その一つのパーツごとに変化を与えます。

例えば、いつもより目の大きさが1ミリ大きく見開いている時、あなたの目が他人に与える印象というのは大きく変わってきます。

広角が1ミリ上がっている時、他人に与える印象は大きく変わってきます。

人間はその1ミリの変化を感覚で感じ取ります。

 

1ミリの変化を感じ取るということは本人でも難しいことですが、他人はそれを感じ取り印象として自分の中に情報を取り込みます。

 

人間は相手の顔の表情などから微妙な変化を感じとりコミュニケーションをはかろうとするものです。

ですからちょっとした表情の変化を本能的に感じ取らなければなりません。

その感じ取る感覚がとらえた相手の印象というのはとても大きな感覚なのです。

 

印象というのはそれぞれの人の感覚によって違いが出ます。

 

そして多くの人が美しいと感じるものに黄金比率というものがります。

この美しさを示す比率は、人の顔にも存在するといわれており、それが「顔の黄金比」なのです。

 

 

黄金比率定義

黄金比率とは長方形の比率のことです。

線分を一点で分けるとき、長い部分と短い部分との比が、全体と長い部分との比に等しいような比率。1対1.618をいうものです。

 

人間にとって最も安定し、美しい比率とされ、美術的要素の一つとされています。

黄金比とは視覚的にバランスが最も安定し、多くの人がその美しさを直感的に感じることができる比率といわれており、不変の美しさを示すとされています。

私達が品物を選ぶ場合、無意識に黄金比率のものを選ぶ確率が高いと言われています。

世の中にはこの黄金比率に近い比率で形成されているものが数多くあります。

デジカメ・名刺・新書版など

 

古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナスやモナリザの絵画にも、黄金比が使用されているといわれています。

(黄金長方形の中に収まるように造られています)

 

顔の黄金比率には3つの大きな要素があります。

① 顔全体のバランス(縦・横の長さ、縦・横の比率)
② 各パーツの位置(目、鼻、口、眉などの位置)
③ 各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ)

それぞれのパーツをこの比率に近づけることによって、美しいパーツが出来上がります。

 

baのメソッドはそれぞれのパーツを全体の比率の中に収まるように顔の筋トレ・メイク(色の効果も含む)・ヘアスタイルなどで構成し黄金比率もしくは日本人に好まれるとされる白銀比率に近づけようとするメソッドです。

 

beではその比率に近づけるべくプログラムを組み込んでいます。

人間はその比率のもの(歴史的建造物やデザイン商品など)を美しいと感じるものですが、それは動かない固定されたデザインのもであるということも確かです。

なぜなら人はあまりに完璧な左右対称な顔を見ても、美しいとは思いますが、好感をもつのか?というと一概にそうは言えません。

以前に雑誌の撮影特集で左右対称顔に近いの男女を集めて撮影をしたことがあります。

確かに美しい顔ですが人間味を感じない!という感覚を覚えています。

あまりに完璧に近い比率であることが誰しも好感をもって、美しいと思うのか?と言われると一概にそうではないということです。

それこそが人は感情を持ち、好みをもっているということです。

基本メソッドのなかでそれらの感覚も身につけてクライアントの要望・好みに合わせたサポートを提供できるように考え出されたメソットです。

beautiful ambitionのプログラム構成は大きく分けて

■メイクメソッド

■顔の筋肉トレーニング・ケア

■ヘアスタイル・ファッション

メゾッドから成り立ちます。

その他にアドバンスコースでは上記のメソッドの上級スキルレッスンとして

 

■メイクメソッド(錯視・カラーなど技術トレーニング)

■顔の筋肉トレーニング(顔のヨガ・ストレッチ)・ビューティケア

■ヘアスタイル・ファッション

■パーソナルトレーナー・メイクアドバイザー(クライアントにレッスンをおこなうための)

のレッスンを受講していただけます。