自粛生活が長くなると顔がたるんできてしまう?


皆さま、自粛中のなかいかがお過ごしでしょうか?

大変な事態になってきました。

自宅での生活がとても長くなっていて

知らぬ間にストレスも抱え込んでいるのでは?

人は無理やり与えられた休日ではストレスになるらしいのです。

そこで今日は自宅でできるbaメソッドをご紹介します。

ストレスにもほうれい線、顔のたるみにも効果が期待できるメソッドです。

外出する機会が少なると、顔の微妙な変化にも気づきにくくなります。

なぜなら、もともと人間の顔の認識能力というのは

他人が敵なのか味方なのか?

安全なのかそうではないのか?

優しいのか怖いのか?などを表情や、顔の微妙な動きなどで判断するための優れた能力です。

自宅生活が長くなると、家には味方ばかりなのでその判断能力が落ちていきます。

自分の顏に対しても同じように安心感から微妙な顔のたるみやむくみも気づかないでいることが多くなります。

顔にも表情筋という筋肉があります。

それを効果的に動かしていることが顔を引き締め、たるみをおさえていきます。

自宅時間が長いことで、パソコン、携帯、テレビなどを観る時間が格段に増えています。

ずっと同じところをみているとストレスとなり、イライラが生じます。

まずは眼球を動かしましょう。

それに加えて、ブルドッグフェイス、ほうれい線予防に効果的なストレッチをご紹介します。

呼吸は鼻からすって鼻から吐く!です。鼻がつまっている方は口呼吸でもかまいません。(笑)






むち打ち、顎関節症等をお持ちの方は痛くならないように気を付けて下さい。

01 鎖骨を上に引き上げあげ、背筋を伸ばします。ろっ骨を内側にしめるイメージです。 

肩甲骨は少し中心に寄せます。

正面をみたまま目だけ天井を見ます。

この時、おでこ使ってあげないでください。眉毛の位置をなるべく変えないように、おでこにしわを寄せないように、眼球だけ、上を見上げます。

5秒キープしてゆっくり戻します。

02 次にそのままの状態で眼球だけ下の方をみます。5秒キープします。

この時に目が中心に寄ってしまわまいようにあまり目に力を入れないでください。

03 次に顔も天井を見上げますが、顎を若干突き出して、その状態で天井をみます。

目は同じように天井をみます。

そのままで天井にキスをする感じで口先を尖らせてください。

首の前側が伸びているイメージです。

鎖骨や肋骨は初めにつくった形をキープしながら、首の筋肉を伸ばすイメージで。

この状態で10秒キープ。

01~03を3セット行います。

顔の筋肉は首に引っ張られ、だんだん垂れ下がってきます。これがブルドックフェイスというものです。

これを継続してやることで、顔の輪郭がはっきりし、たるみの解消の効果も期待できますよ。

また目を上下に動かすことでストレス、イライラの解消効果も期待できます。

どうでしょう、普段、あまり天井をまじまじと見る機会も少ないと思いますので・・天井は綺麗になっていましたか?(笑)

ちょっとした合間をみつけて、家族皆さんで笑いながらやってみてください(笑)

ちゃんとやると2週間ほどで効果が出るという結果もでています!


男性にも!!






beautiful ambiitonでは今後、ZOOMを使ったオンラインセミナーも行っていきます。

どなたでもどこからでもご参加いただけます。

新型コロナの収束となった時にそなえて美顔をキープしておきましょう。

詳細に関しましては後日、アップさせていただきます。

0回の閲覧